Blogブログ

2021/05/23

今川義元の肖像画 描いてみました。

インスタグラム : kakushigoto

https://www.instagram.com/kakushigoto_25.13/?igshid=14m6zpfzds9z2

 

今川義元は駿河・遠江・三河を領国とし、さらに尾張侵攻を目指します。

そこで織田氏と対立が生まれ「桶狭間の戦い」が勃発します。

しかし、25000以上の大軍を擁しながら、わずか2000の「織田信長」に敗れてしまいます。

そんな今川義元は、実は優れた領国経営能力と家臣・太原雪斎(たいげんせっさい)の後ろ盾によって、

米の生産量が多いとは言えなかった駿河・遠江・三河を豊かな国にすると共に、軍事力・外交力を用いて領地拡大に成功した手腕の持ち主。

「今川義元」はその実力から、「海道一の弓取り」と呼ばれていました。

 

さて、描きあがりのほうですが、久々の鎧姿でしたがかなり雰囲気は出せたと思います。表情や独特な動きも表現できていると思います。

次回も、定期性をもって取り組みたいと思います。

一覧に戻る
Copyright(C) 2021 iro:to All right reserved.