Blogブログ

2021/01/26

光明天皇の肖像画 描いてみました。

インスタグラム : kakushigoto

https://www.instagram.com/kakushigoto_25.13/?igshid=14m6zpfzds9z2

 

北朝第2代の天皇(在位1336~48)。光厳(こうごん)天皇の弟で、その猶子(ゆうし)となった。

建武中興(けんむのちゅうこう)崩壊ののち、足利(あしかが)氏に擁せられて皇位につき、のちこれを崇光(すこう)天皇に譲った。

1351年(正平6・観応2)における南朝後村上(ごむらかみ)天皇の天下一統に際して出家し、

幽閉の身となり、光厳、崇光両上皇らとともに南朝根拠地の大和(やまと)(奈良県)賀名生(あのう)および

河内(かわち)(大阪府)天野(あまの)の金剛寺に数年間を過ごした。

のち京都郊外の伏見に帰還、同地の保安寺、金剛寿院また大光明寺に居住し、その後所々を経、

晩年大和の長谷(はせ)寺に居住し、康暦(こうりゃく)2年6月24日摂津の勝尾(かちお)寺で崩御。

御陵は京都市伏見区桃山の大光明寺陵。

 

さて、描きあがりのほうですが、服の重量感が絵の雰囲気を壊さない程度にバランスよく感じられて結構、

気に入ってます。

今後は一線一線、動きのある作品にしていきたいと思います。

一覧に戻る
Copyright(C) 2021 iro:to All right reserved.