Blogブログ

2021/11/01

徳川秀忠の肖像画 描いてみました。

インスタグラム : kakushigoto

https://www.instagram.com/kakushigoto_25.13/?igshid=14m6zpfzds9z2

 

徳川秀忠の功績として挙げられるのは、幕府の体制を確立させた点です。

徳川秀忠は、武家諸法度や「禁中並公家諸法度」の徹底により、徳川家以外の武家や公家との立場を明確なものにしました。

その結果、武家政権として最長の、約270年という期間を江戸幕府が支配できたのです。

他にも、江戸城や大坂城の大規模工事に着手。その際、徳川家康の方針により他大名の力を削ぐという目的で、

諸藩の大名に普請(ふしん:建築工事)役を負担させています。

また、大規模な工事は幕府の威光を国中に示すことになり、中央集権化に大きく貢献しました。

さらにキリシタンの弾圧や「奉書船制度」の導入により、宗教・貿易面の統制も図っています。

堅実に徳川家康の意思を受け継いで政策を実行した律儀さと実行力は、評価されるべき点です。

 

さて、描きあがりのほうですが、表情をとらえようとしていたら顔が大きくなってしまいました。

次回は全体のバランスにも気を配って描きたいと思います。

一覧に戻る
Copyright(C) 2021 iro:to All right reserved.