Blogブログ

2021/10/29

大谷吉継の肖像画 描いてみました。

インスタグラム : kakushigoto

https://www.instagram.com/kakushigoto_25.13/?igshid=14m6zpfzds9z2

 

大谷吉継は、武器を手に戦場に赴いて自ら戦うこともありましたが、才覚を発揮したのは、兵を動かす「軍師」としての役割でした。

その才覚は、天下人・豊臣秀吉をして「大谷吉継に100万の兵を与え、自由に指揮させてみたいものだ」と言わしめたと伝えられるほどです。

大谷吉継の生涯を語る上で、欠かせない人物が石田三成です。大谷吉継と石田三成が深い友情で結ばれていたことは、よく知られています。

関ヶ原の戦いにおいても、石田三成を中心とした西軍につきます。

しかし、わずか6時間で徳川家康率いる東軍に敗れてしまいました。

敗因は小早川秀秋の裏切りです。

元々、大谷吉継をはじめとする西軍の武将は小早川秀秋の「裏切り」を警戒し、備えていました。

誤算は、小早川秀秋の裏切りに備えていた4つの部隊も、このタイミングで東軍に寝返ってしまったことです。

この想定外の裏切りによって、大谷吉継は追い込まれてしまいます。

数々の戦で戦果を上げてきた大谷吉継でしたが、この包囲網を突破することはできず、部隊は壊滅状態となり

限界を悟った大谷吉継は、自害にいたりました。

 

さて、描きあがりのほうですが、雰囲気はいいと思います。武将感も出ていると思います。

次回も丁寧に筆を入れて、面白い仕上がりを心がけたいと思います。

一覧に戻る
Copyright(C) 2021 iro:to All right reserved.