Blogブログ

2021/10/11

宇喜多秀家の肖像画 描いてみました。

インスタグラム : kakushigoto

https://www.instagram.com/kakushigoto_25.13/?igshid=14m6zpfzds9z2

 

織田信長に手厚く保護されながら、宇喜多秀家は家督を継ぎます。わずか10歳での出来事でした。

信長の命で豊臣秀吉と共に毛利攻めも行い、重臣たちの支えもあり順調に軍功をあげていきます。

本能寺の変後は秀吉の家臣となり、小牧・長久手の戦い、小田原征伐、文禄の役慶長の役と順調に実績を積んでいきます。

1598年に2度目の朝鮮出兵から帰国した宇喜多秀家は、朝鮮での軍功や岡山城の改修など、多岐にわたる功績によって、

豊臣秀吉から豊臣五大老のひとりとして任命。

しかし、秀吉がなくなったころから宇喜多騒動が起こります。これにより、急速に衰退していきます。

さらに、関ヶ原の戦いでは石田三成側の西軍として参加しましたが、徳川勢に敗退します。

徳川方は宇喜多秀家を助命したものの、「八丈島遠島」にしました。

その後約50年、ここで流刑生活をおくりました。

 

さて、描きあがりのほうですが、顔のアップの場合はスキャニングが難しいです。どうしても、描いていないリアルな影が発生してしまします。

表情も変化してしまいます。要研究です。次回も丁寧に作業したいと思います。

一覧に戻る
Copyright(C) 2021 iro:to All right reserved.