Blogブログ

2020/09/03

室生寺 釈迦如来坐像を描いてみました。

室生寺 釈迦如来坐像 を基に描いてみました。

平安時代 9世紀に木造の仏像さんです。

奈良県 室生寺に置いてあります。

平安時代初期の一木造りの傑作といえる作品だといえると思います。

この時代の仏像は木をぜいたくに使うのが特徴で、この像も非常にボリューム感があります。

描いてないですが、着衣のドレープ(ひだ)の部分は緩急自在の表現になっています。

今回は陰影の練習がしたくて、光が差し込む横顔を中心に描きました。

描きあがり事態はまあまあだと思いますが、結構 墨を重ねたので紙のしわが目立ちました。

本来は、裏打ちをしてのばすのですが、今回はそこまでしませんでした。

今後も精進していく所存です。

一覧に戻る
Copyright(C) 2020 iro:to All right reserved.