Blogブログ

2021/09/04

小早川秀秋の肖像画 描いてみました。

インスタグラム : kakushigoto

https://www.instagram.com/kakushigoto_25.13/?igshid=14m6zpfzds9z2

 

「小早川秀秋」は、「関ヶ原の戦い」で石田三成率いる西軍に敗北の原因のひとつを作った武将で、

小早川秀秋の裏切りで形勢が徳川家康が率いる東軍に傾いたことは間違いといわれています。

しかし、そこには昔 朝鮮から帰国した際、石田三成の悪意ある報告で豊臣秀吉から筑前を取り上げられ、

約半分の石高の越前北ノ庄に移封。豊臣秀吉の死後、この処分を取り消してくれたのが徳川家康でした。

徳川家康に助けられた恩義があるともされています。

一般的にネガティブなイメージを持たれていますが、徳川側についた戦後に執った内政は領民のためにしっかりと行なっていました。

朝鮮への出兵によって疲弊してしまっている国を豊かにするために、農民保護政策を施行しています。

1602年、関ヶ原の戦いからたった2年後、小早川秀秋は突然死去。

死因は、お酒の飲みすぎによる内臓疾患、もしくは肝硬変の可能性が高いとされています。

 

さて、描きあがりのほうですが、表情はこんな感じですが、何となく単調な気がします。

次回は、筆を下す前に筆使いを考えてから描きたいと思います。

一覧に戻る
Copyright(C) 2021 iro:to All right reserved.