Blogブログ

2021/10/24

山本勘助の肖像画 描いてみました。

インスタグラム : kakushigoto

https://www.instagram.com/kakushigoto_25.13/?igshid=14m6zpfzds9z2

 

「山本勘助」は諸国を巡って兵法や築城術などを極めましたが、色黒で片目、背が低く、手指や足が不自由と、ひどく風采の上がらない見た目だったため、

40歳を過ぎても牢人のままでした。

そして運命の出会いは、1543年。山本勘助の噂を聞きつけた武田信玄、まだ23歳の時、破格の知行200貫で召し抱えられてようやく、

50歳前後にして仕官することが叶ったのです。

持ち前の情報収集能力と天才的な戦略、優れた築城術で頭角を現し、活躍しましたが、

1553年、武田信玄と上杉謙信の間で北信濃を巡って川中島の戦いが始まりました。

この戦いは10年間に5度行なわれた合戦の総称ですが、唯一の本格的な戦となった第4次合戦で、

山本勘助の最後の戦となってしまいます。

結果、山本勘助の作戦は上杉謙信に見破られ、武将達が何人も討ち死にし、大きな損害を出しました。

責任を感じた山本勘助は、死を決意して敵陣に突入し、自ら大太刀を抜いて戦いますが、

四方を上杉軍に囲まれ、体中を槍で突かれるという壮絶な最期で幕を終えます。

 

さて、描きあがりのほうですが、やさぐれ感等いい感じでとらえられたと思います。

次回も丁寧に筆を入れて、面白い仕上がりを心がけたいと思います。

一覧に戻る
Copyright(C) 2021 iro:to All right reserved.