Blogブログ

2020/10/05

最澄の肖像画 描いてみました。

インスタグラム : kakushigoto

https://www.instagram.com/kakushigoto_25.13/?igshid=14m6zpfzds9z2

 

最澄の肖像画を描いてみました。

最澄と空海はよく比較されますね。そこで違いをまとめてみました。

804年、最澄は38歳 有名エリート僧遣唐使として唐に渡った。空海は31歳 全くの無名の若者でした。

空海は密教を学び、最澄はその他の仏教を学びます。

帰国後、国は密教を採用したため最澄は年下のライバルであった空海に身を低くして教えを乞うことになります。

しかし、最澄が派遣した弟子が空海の弟子となって戻らなかったり、経典の貸し借りに関する意見の相違などによって二人の関係は途切れてしまいます。

その後、最澄は徳一という人物との教理の解釈をめぐる論争が起こり、決着はつかないまま満身創痍で生涯を閉じました。

空海は高野山や東大寺に道場を開き、東寺も与えられるなど精力的に真言密教の「真言宗」を広げてゆきました。

かなり対称的になったそうです。

 

さて、描きあがりのほうですが肖像画にもちょっとずつ慣れてきましたが、まだまだ描き上がりには納得いかないですね。

気長にいきたいと思います。

一覧に戻る
Copyright(C) 2020 iro:to All right reserved.