Blogブログ

2021/06/07

柴田勝家の肖像画 描いてみました。

インスタグラム : kakushigoto

https://www.instagram.com/kakushigoto_25.13/?igshid=14m6zpfzds9z2

 

織田信秀の家臣であった柴田勝家ですが、1549年に織田信秀が死去すると、織田信長の弟「織田信行」の家老になります。

その後、信長と信行が対立し「稲生の戦い」が勃発。

激戦の末に信長勢が圧勝。結局、柴田勝家らの織田信長討伐計画は大失敗に終わりました。

以降は、信行を見限り信長側につきます。もともと名将であった勝家は1560年 「桶狭間の戦い」や、

1564年の「犬山城攻略」など数々の武功をあげますが、本能寺の変で信長が打たれると、豊臣秀吉と対立し始めます。

結果、1583年 「賤ヶ岳の戦い」で、豊臣秀吉は柴田勝家を破り、織田信長後継者の地位を確立。

正確には、柴田勝家が味方の「前田利家」に裏切られ、総崩れして退却したのです。

翌日、柴田勝家は腹を十文字に割いて、信長の妹で60歳で結婚したお市の方と共に自害しました。

 

さて、描きあがりのほうですが、無骨な人柄は出ているものの丁寧さに掛けています。

次回は、もっと緊張感を持って描きたいと思います。

一覧に戻る
Copyright(C) 2021 iro:to All right reserved.