Blogブログ

2021/01/08

楠木正成の肖像画 描いてみました。

インスタグラム : kakushigoto

https://www.instagram.com/kakushigoto_25.13/?igshid=14m6zpfzds9z2

 

1324年(正中元年)に鎌倉幕府の倒幕を決意した後醍醐天皇。

その年に「正中の変」、1331年(元弘元年)に「元弘の乱」を起こしますが、いずれも失敗に終わります。

正成との関係は、この元弘の乱で倒幕準備をしていた際、後醍醐天皇に謁見したことに始まります。

鎌倉幕府の倒幕に失敗した後醍醐天皇は、島流しとなりましたが、正成は倒幕に向けて戦を続けていました。

そうしたところ、1333年(元広3年)に正成の活躍に触発された「足利尊氏」(あしかがたかうじ)や

「新田義貞」(にったよしさだ)、「赤松則村」(あかまつのりむら)らとともに鎌倉幕府を倒幕。

鎌倉幕府は、150年の歴史に幕を閉じることとなり、滅亡しました。

 

さて、描きあがりのほうですが、なかなか特徴を捉えた感じです。最近は大分、顔を似せることが出来るようになりました。

今後はもっと精度を高めていきたいと思います。

一覧に戻る
Copyright(C) 2021 iro:to All right reserved.