Blogブログ

2021/04/26

前田利家の肖像画 描いてみました。

インスタグラム : kakushigoto

https://www.instagram.com/kakushigoto_25.13/?igshid=14m6zpfzds9z2

 

「前田利家」は、「加賀百万石」と称される加賀藩の礎を築いた人物。

若くから小姓として織田信長を仕えた前田利家は、約6m30cmもある槍を所有しており

槍の又左 の異名で呼ばれるほど勇猛果敢な武将でした。

1560年の「桶狭間の戦い」(おけはざまのたたかい)では3つの首を、翌1561年の「森部の戦い」でも2つの首を取り、

このとき討ち取った首の中には、素手で首を取るほどの怪力武将「足立六兵衛」(あだちろくべえ)も含まれており、

前田利家の強さをうかがい知ることができます。

賤ヶ岳の戦い後、前田利家は豊臣秀吉に仕え、加賀百万石の大名として、五大老のひとりとして豊臣家を支えていきます。

前田利家と まつ は仲の良さも有名で、まつは合計11人(2男9女)も出産しました。

加賀百万石の礎は、決して前田利家がひとりで築いたのではなく、まつの存在あっての繁栄だったのです。

 

さて、描きあがりのほうですが、結構 特徴を捉えた感じだと思います。

癖でどうしても頭が大きくなってしまいます。次回は、もう少しバランスを見て描きたいと思います。

一覧に戻る
Copyright(C) 2021 iro:to All right reserved.