Blogブログ

2020/09/12

鎌倉国宝館 戌神像 を描いてみました。

鎌倉国宝館 戌神像 を基に描いてみました。

運慶が製作した十二神将像は失われてしまいましたが、その「レプリカ」とされる像が鎌倉国宝館にあります。

同館に展示されている十二神将像は、長く大町の辻薬師堂に安置されていたもので、1993年に鎌倉市へと移管されたそうです。

調査により戌神像(13世紀後半の作)を含む8躯は鎌倉時代、4躯は江戸時代の作であることが分かっています。

これらの像は 「覚園寺の十二神将像の形像と同系統」 であることが指摘されており、特に戌神像は鎌倉と

周辺の他の寺の像にも頭髪や面部などに共通した表現がみられるといわれます。

描きあがりは、まあまあな感じです。ちょっと顔が小さく、スタイルがいい仏像さんになってしまいました。

今後も精進していく所存です。

一覧に戻る
Copyright(C) 2020 iro:to All right reserved.